システム管理と情報管理を明確に分けることにより、情報漏洩対策に重要な「ゾーニング」を手軽に実現することが可能です。

Point1
情報漏洩リスクを低減
Point2
セキュアな労働環境を構築
Point3
既存環境にも導入可能

Point1 情報漏洩リスクを低減

不安定な暗号化技術に頼らない、データ分散方式

「秘密分散法」を用いた暗号化によりセキュリティレベル・機密性のきわめて高い、データ保管。 たとえ、データを盗まれていても、全てのデータを集めなければ閲覧不可です。

独自技術により、驚くほど高速処理を実現、保存、閲覧を行えます。

Point2 セキュアな労働環境を構築

テレワークのPC利用の安全性を担保!サーバー設定などは不要ですぐ利用開始できます。

ローカルPCの内蔵ディスクとUSBやスマートフォン、クラウド上などの外部ストレージに分散保管。 2つの分散片が揃わない限り、情報を復元することができないため、PCからの情報漏洩リスクを極限まで軽減できます。

Point3 ライブラリで自社開発のシステムや既存の環境にも導入可能

「秘密分散」ライブラリを利用して、より「秘匿性」「安全性」の高いシステム開発が可能。

導入支援や開発支援にも対応可能。開発者の発想に従う、自由度の高い設計、開発が可能です。